〒277-0021 千葉県柏市中央町5-21穂高第一ブラザーズ柏ビル503号
電話:04-7128-5291(代表) FAX:04-7128-5292

遺言・相続のご相談はこちら

お年寄りの中には「まだ遺言を書くような年でもない」とか「縁起でもない」と遺言と遺書を混同されているような方がいらっしゃいます。

最近、遺言を残す方が急速に増えてきました。書店にも遺言関係の本が並んでいます。
まず、遺言とは何か正確に理解するところから始めましょう。

 


遺言とは法律的に言うと「遺言者の死後の法律関係を定める最終意思決定の表示であり、その者の死亡によって法律効果を発生する」ということになります。

つまり、遺言者が一生をかけて築き上げてきた財産や先祖から引き継いできた財産を自分が死んだ後、残った遺族にどのように分け与えるのかの意思表示であると言えます。

遺言がなければ、遺産の相続は民法に従った法定相続となり、相続人全員による遺産相続分割協議によって行われることになります。

 

遺言は残され遺族の権利義務関係に大きな影響(法的効果)を与えます。
よって後々トラブルが起きないようにその方式や内容が厳しく規定されています。
また遺言は上記方式や内容に従う限りいつでも取り消し(撤回)や書き直しが出来ます。

 


法定相続人以外の個人や公益法人などに遺贈ができます。

法定相続分とは異なる配分が可能です。
財産の具体的な分配・割り付けが指定できます。
他にも相続人の廃除、非嫡出子の認知、遺言執行者の指定などが出来ますが、重要な点は以上の三点です。
せっかくだからもう少しだけ遺言のことを勉強しておきましょう。

民法はいくつかの遺言の方式を定めていますが、公正証書遺言と自筆証書遺言の二つが一般的です。両方の方式を比較してみましょう。

 

相続時のトラブルを防ぎ、確実に遺言の内容を実現するために、最近は「公正証書遺言」が一般的になってきている。

遺言はこのような方に特に必要です。

杉下ブログへ 	千葉県東葛行政書士クラブ 知恵の輪 柏市国際交流センター
解決ユキマサくん!

Copyright© 2010 杉下法務事務所 All Rights Reserved.